1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 追悼施設整備で津波伝承に期待 田中復興相

追悼施設整備で津波伝承に期待 田中復興相

政治行政 神奈川新聞  2019年09月25日 05:00

 田中和徳復興相(衆院神奈川10区)は24日の閣議後会見で、東日本大震災の追悼施設を通じた津波被害の伝承に期待感を示した。22日に被災3県で初めて岩手県の施設が利用可能となったことを受け、「これだけの津波、地震などの自然災害が起こったという事実をきちんと伝え、これから災害が起きても打ち勝つ参考にしてもらうとともに、全国の耳目を集めることに活用してもらえるとありがたい」と述べた。

 国は岩手、宮城、福島各県に1カ所ずつ追悼施設を整備する。岩手県では22日に、陸前高田市で整備が進む高田松原津波復興祈念公園に、津波の脅威や当時の救助活動などを伝える伝承館と国営追悼・祈念施設がオープンした。


シェアする