1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 〈時代の正体〉人種差別禁止の優先を 川崎市議会へ条例制定求め市民団体

〈時代の正体〉人種差別禁止の優先を 川崎市議会へ条例制定求め市民団体

時代の正体 神奈川新聞  2017年10月03日 10:21

(右から)松原議長、後藤副議長と面会する市民ネットワークのメンバー
(右から)松原議長、後藤副議長と面会する市民ネットワークのメンバー

【時代の正体取材班=石橋 学】市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は2日、人種差別を禁止する条例の早期制定を求める集会決議を川崎市議会と同市に届けた。10回目を数えた9月30日の市民集会で採択したもの。ヘイトデモやインターネット上の差別書き込みで在日コリアン市民の人権被害が拡大する中、「市の人権施策を応援しようという市民の思いを受け止めてほしい」と求めた。

 後藤晶一副議長(公明)とともに面会した松原成文議長(自民)は条例制定を前提に「議員提案で進める方法も考えられる。皆さんの思いを受け止め、各会派に周知したい」と応じた。

 市内ではヘイトデモが14回繰り返され、1日も「条例制定阻止」を公言する極右政治団体・日本第一党の瀬戸弘幸最高顧問が川崎駅前で街宣。ヘイトデモ主催者の公園使用を不許可にした市の判断を「卑劣極まりない」などと人権を度外視する批判を展開した。

 川崎区桜本で差別のない街づくりを40年来手がける社会福祉法人青丘社の裵(ぺ)重度(ジュンド)理事長は「人種差別撤廃条約の精神を盛り込んだ人種差別を禁止する条例をつくり、さすがは人権を尊重する川崎市だという先進性を全国に示してほしい」と呼び掛けた。

 面会に同席した神奈川県弁護士会の本田正男・川崎支部長は「人権尊重と対極の状況で耐えがたい。市内で200人を超える弁護士の力を使ってほしい」と協力を惜しまない姿勢を表明した。

 ヘイト被害を訴えている在日3世の崔(チェ)江以子(カンイヂャ)さん(44)は差別ツイートや脅迫の電話や手紙で攻撃を受け続けていることを明かし、「在日や外国人市民全体へ攻撃であり、市の人権施策へ挑戦。議会のリーダーシップで人種差別禁止条例を優先的にまとめてほしい」と訴えた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会