1. ホーム
  2. 社会
  3. 「中学生の主張」7人熱弁 最優秀賞に岩見さん

「中学生の主張」7人熱弁 最優秀賞に岩見さん

社会 神奈川新聞  2017年10月03日 09:52

最優秀賞を受賞した岩見さん =県立青少年センター
最優秀賞を受賞した岩見さん =県立青少年センター

 「中学生の主張inかながわ」(県主催、神奈川新聞社など後援)が1日、横浜市西区の県立青少年センターで開かれ、事前審査を通過した7人が多様なテーマで自らの考えを熱弁した。最優秀賞(県知事賞)には洗足学園中学校3年の岩見真琴さん(14)の「普通の社会をつくる」が選ばれた。

 岩見さんは、障害者を主役にしたテレビ番組の“感動的な演出”と、障害のある友人との日常的な交流の中で得た自らの実感とを比べながら、障害者や家族が求めているのは感動や同情ではなく「普通にしてもらうこと」であると指摘。「健常者と障害者の線が限りなく薄い社会をつくる」ことの必要性を訴えた。

 岩見さんは、11月に東京で開かれる「少年の主張全国大会」の県代表に推薦された。

 今年は学校の予備選抜も含め前年を約千人上回る1792人から応募があり、最優秀賞のほか、優秀賞6人、奨励賞10人が選ばれた。


 優秀賞は次の通り(敬称略)。

 ▽岸桃花(伊勢原市立山王中2年)▽佐野遥香(川崎市立宮崎中3年)▽鈴木果彩(桐蔭学園中2年)▽安東瑶菜(横浜共立学園中3年)▽小林梨花(同)▽下平怜奈(同)


シェアする