1. ホーム
  2. 話題
  3. 手作り製品フェア、横浜 市精連と市作連主催、29日まで

手作り製品フェア、横浜 市精連と市作連主催、29日まで

話題 神奈川新聞  2019年09月24日 16:30

手作りの小物が賑やかに並ぶ販売スペース=横浜市中区の有隣堂伊勢佐木町本店
手作りの小物が賑やかに並ぶ販売スペース=横浜市中区の有隣堂伊勢佐木町本店

 横浜市内の知的、精神障害者グループホームの利用者らによる手作り製品を直売する「HEART MADE 手づくり製品フェア」が、横浜市中区の書店「有隣堂伊勢佐木町本店」で開かれている。NPO法人横浜市精神障害者地域生活支援連合会(市精連)と市障害者地域作業所連絡会(市作連)の主催で、29日まで。

 店舗1階の特設スペースに、24施設から出品された革、布、ビーズなどで作られた小物がずらり。書店でのフェアらしく、きれいな絵が描かれたブックカバーやペンケースなどが人気を集めている。

 フェアは1999年に始まり、今年で20回目。レジ打ちなどの販売管理に有隣堂が協力し、例年30万円ほどの売り上げがあるという。日替わりで製作者たちが訪れ、商品説明なども行っている。

 市精連販路拡大事業部の小山誠さんは「毎年このフェアを目指して製品を作って販売し、とても励みになっている。直接、製品を見て買ってもらえるので、各事業所の販路拡大、収益増にもつながる」と話し、多くの来場を呼び掛けている。

 同店の営業時間は午前10時~午後8時。


シェアする