1. ホーム
  2. 話題
  3. 公共施設再編考える 平塚で市民向け説明会始まる

公共施設再編考える 平塚で市民向け説明会始まる

話題 神奈川新聞  2019年09月24日 10:48

平塚市内の公共施設再編について市民に説明する市職員ら=平塚市撫子原のなでしこ公民館
平塚市内の公共施設再編について市民に説明する市職員ら=平塚市撫子原のなでしこ公民館

 平塚市の公共施設の将来的なあり方を考える市民向けの説明会が19日夜、なでしこ公民館(同市撫子原)で始まった。市は来年度中に市内の公共施設の統廃合を含めた具体的計画をまとめる方針で、10月まで市内各地で説明会を実施し、市民との意見交換を重ねていく。

 市は2015年、公共施設等総合管理計画を策定し、今後10年間に面積ベースで施設を4%削減する目標を掲げた。説明会は今後、個別の再編計画を具体化する前に市民への理解を求めていく狙い。

 市内の公共施設は高度経済成長期からバブル経済の時期に建設され、築30年以上が経過した施設は半数以上に及ぶ。少子高齢化が進む中で、市担当者は「現在の施設を維持することは難しい。市民の視点で満足できるように必要な施設の質を高めていく」と説明。新たな施設建設を抑制する一方で、複数の施設の機能を集約する複合化や民営化などを推進していく。

 市は本年度中に約150施設を対象に老朽化の状況や費用対効果などの施設評価を実施。20年度に策定する個別施設計画で施設ごとの再編の方向性を打ち出す。

 市はこれまでに教育会館と青少年会館、勤労会館の機能を25年度に教育会館に集約、残り2施設を解体する方針も発表。参加者からは「公民館などの施設が多いのが平塚の魅力。集会施設が減れば、文化活動への影響も大きい。削減のペースを緩やかにしてほしい」といった声が上がった。

 説明会の日程は次の通り。

 ▽25日午後7時から神田公民館
 ▽10月5日午前10時から金目公民館
 ▽同8日午後2時から市役所
 ▽同9日午後7時から旭南公民館
 ▽同16日午後2時から保健センター
 ▽同19日午前10時から大野公民館


シェアする