1. ホーム
  2. 社会
  3. 送電トラブルで東海道線など5万5千人影響

送電トラブルで東海道線など5万5千人影響

社会 神奈川新聞  2017年10月03日 02:00

 2日午前7時5分ごろ、JR東日本の大船変電所(鎌倉市)で送電ができなくなるトラブルがあり、京浜東北・根岸線と横須賀線の全線、東海道線の東京-熱海間で運転がストップした。順次復旧し、徐行で運転を再開したが、JR東日本横浜支社によると、特急「成田エクスプレス」を含む32本が最大約25分遅れ、約5万5千人に影響した。

 同支社によると、漏電を検知して電気を遮断する装置が誤作動したためとみられ、詳しい原因を調べている。運転がストップした3路線では駅間に停止した電車も複数あったが、体調不良を訴えた乗客は確認されていないという。一部の踏切では、遮断機が下りたままの状態になった。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ダム緊急放流、水位調節は実施されず 国交省、対応調査へ

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】記録的豪雨の箱根、被害甚大 芦ノ湖が増水

  4. 【台風19号】のり面崩壊、PAにも被害 西湘バイパス

  5. 電通局長を現行犯逮捕 ラグビー観戦後、警備員殴った容疑

  6. 【台風19号】箱根、深い爪痕 続く運休、芦ノ湖水位上昇

  7. ハマスタで長男投げつけた阪神ファン、書類送検

  8. 【台風19号】川に転落の男性、遺体で発見

  9. 【台風19号】浸水、水没、横転… 相模川沿岸、被害多発

  10. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ