1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 藤沢市、保育、医療備えた複合施設を整備 21年春開設へ

藤沢市、保育、医療備えた複合施設を整備 21年春開設へ

政治行政 神奈川新聞  2019年09月23日 13:47

保育、医療、介護などの機能を備えた複合施設の完成予想図
保育、医療、介護などの機能を備えた複合施設の完成予想図

 藤沢市は、民間資金活用による社会資本整備(PFI)の手法を活用し、保育、医療、介護機能を備えた複合施設を同市藤が岡2丁目に整備する。地域での子育て支援を強化するとともに、高齢化の進行に対応。病気の子どもを預かる病児保育室も設置する。2021年春の開設を目指す。

 建設場所は、市立藤が岡保育園や職員住宅などが立地していたエリア。同園の建て替えに合わせ、周辺地域に不足している行政サービス機能を含め一体的に整備する。PFI法に基づく特定事業契約締結後、18年12月に基本設計が完了し、今年1月に実施設計を開始。5月に既存建物の解体工事に着手した。

 約3100平方メートルの敷地に、地下1階地上3階建て、延べ床面積約4450平方メートルの施設を建設する。公共エリアには、保育園や放課後児童クラブなどが入居。民間収益施設には、小規模多機能型居宅介護施設、小児科クリニック、歯科クリニック、薬局、フィットネススタジオを開設する。

 建て替え後の藤が岡保育園は定員を従来の120人から154人(病児保育、一時預かり保育を含む)に拡充。親子が気軽に集い相互交流する「つどいの広場」、就学前児童や小学生が図書コーナーや遊具を利用できる「地域こどもの家」も設置する。

 小児科クリニック、歯科クリニック、薬局については、民間収益施設の所有者である特別目的会社(SPC)の構成員と入居予定者の間で入居の合意に至っているという。

 保育や医療をはじめ、介護、子どもの居場所など地域の多様なニーズを踏まえた複合施設の建設は市で初めてのケースという。市は地元説明会を経て、9月に実施設計を終え、10月上旬に建設工事に着手。21年4月の供用開始を予定している。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃