1. ホーム
  2. 話題
  3. 認知症当事者ら発信 横浜で演奏や対談、健脚も披露

認知症当事者ら発信 横浜で演奏や対談、健脚も披露

話題 神奈川新聞  2019年09月22日 12:45

楽しいトークと、歌と演奏を披露した認知症当事者と支援者のフォークデュオ「ヒデ2」=横浜市西区、新都市プラザ
楽しいトークと、歌と演奏を披露した認知症当事者と支援者のフォークデュオ「ヒデ2」=横浜市西区、新都市プラザ

 認知症になっても安心して暮らせる神奈川を実現しようと、認知症啓発イベント「世界アルツハイマーデーかながわ」(県主催)が20日、横浜駅東口の新都市プラザで行われた。認知症当事者によるギター演奏や対談、地域の支援団体の紹介、医師によるミニ講座など、多彩な企画を繰り広げ、認知症への理解と当事者への支援を訴えた。

 イベントは21日の世界アルツハイマーデーに合わせ、「認知症の人と家族の会県支部」などでつくる実行委員会が共催、運営した。

 フォークデュオ「ヒデ2」、フォークユニット「三音」、夫婦デュオ「ひろし&きー坊」など、認知症当事者が活躍する演奏グループが見事な歌声と演奏を披露。認知症になっても好きなことに取り組み、楽しく生きていけることを自らの言葉で語った。また、ソフトボールやマラソンなどスポーツを楽しんでいる当事者の対談も行われ、「認知症になっても楽しむことが大切」「認知症になっても大丈夫」と訴えた。

 認知症の当事者3人を約20人の支援者がサポートしてランニングも行い、県庁や山下公園などを巡って市民にアピール。SHIGETAハウスプロジェクト(平塚市)など地域の認知症支援団体の紹介も行った。


シェアする