1. ホーム
  2. 話題
  3. えんま大王、金太郎 ユニークかかし集結 24日まで祭り

えんま大王、金太郎 ユニークかかし集結 24日まで祭り

話題 神奈川新聞  2019年09月22日 05:00

ユニークなかかしが並んだ大井のかかし祭り=大井町農村公園
ユニークなかかしが並んだ大井のかかし祭り=大井町農村公園

 里山の風景にユニークな手作りかかしが並ぶ「大井のかかし祭り」が21日、大井町農村公園(大井町柳)周辺で行われた。実行委員会の主催で、展示は24日まで。

 祭りは、同公園に隣接する山田地区の文化や自然を伝えようと、全国的に知られる唱歌「山田のかかし」にちなんで3年前から開かれている。今回は町内外から新たに寄せられた22体を含む約40体が並べられている。

 会場には、えんま大王やおにぎりを食べる金太郎などの独創的な作品のほか、国際問題のプラスチックごみを題材に、ポリ袋を食べたカメを持って悲しむ漁師をイメージした作品なども。訪れた人たちは秋風に揺れるトンボと眼下に広がる足柄平野を眺めながら、気に入ったかかしをカメラに収めるなどしていた。

 実行委の原田征史代表(77)は「晴れれば富士山も望める場所。この機会に大井町の里山も知ってもらえたら」と来場を呼び掛けている。 


シェアする