1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 7月の海水浴客数が最少に 藤沢市内3カ所、天候不順響く

7月の海水浴客数が最少に 藤沢市内3カ所、天候不順響く

政治行政 神奈川新聞  2019年09月21日 05:00

藤沢市の片瀬東浜
藤沢市の片瀬東浜

 藤沢市内3海水浴場(片瀬東浜、片瀬西浜・鵠沼、辻堂)の7月の海水浴客数が、現行基準で統計を取り始めた1997年以降、最少だったことが20日、同市の調査で分かった。

 7月の海水浴客数は29万3875人で前年同月比44%減と大幅にダウンした。梅雨明けが同月下旬になるなど、天候不順や気温低下が響いた。

 8月については、最高気温が30度を超える真夏日が続くなど人出が回復し、122万9110人と、前年同月よりも20%増えた。7~9月の海水浴客数の合計は155万1785人と、前年同期比1・3%減と微減にとどまった。

 市内の海水浴客数は2006~10年の5年間、400万人台を記録。11~16年は200万~300万人台が続いていたが、17年は台風の影響などで16年ぶりに200万人を割り込んだ。


シェアする