1. ホーム
  2. ジャーナリズム時評
  3. 戦争をどう報じるか

2019年8月の紙面から
戦争をどう報じるか

ジャーナリズム時評 神奈川新聞  2019年09月18日 05:00

「8月ジャーナリズム」という言い方がある。日本の多くのマスメディアが第2次世界大戦の敗戦(終戦)日である8月15日、あるいは広島・長崎の原爆投下に合わせて、戦争・平和にかかわる特集記事や番組を数多く報じる現象をさす総称だ。どちらかと言えば、12月の開戦でもなければ、各地の大空襲でもなく、もっぱら...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃