1. ホーム
  2. 話題
  3. わらや竹が「龍」に 制作ボランティア募集 横浜市緑区

わらや竹が「龍」に 制作ボランティア募集 横浜市緑区

話題 神奈川新聞  2019年09月17日 12:30

わらアートで作る「龍」の完成イメージ
わらアートで作る「龍」の完成イメージ

 横浜市緑区で産出した稲わらや竹を使い、高さ5メートルの「龍(りゅう)」を作る企画が11月、同区内で行われる。区制50周年記念事業の一環で、主催の同事業実行委員会は区民の制作ボランティアを募集している。

 地域の歴史や魅力を再認識する目的で、区内の伝説に登場する動物を作る「わらアート」企画の第2弾。制作は11月2~18日に同区小川町の水田で実施(午前10時~正午、午後1~4時)。NPO法人「わらアートJAPAN」の指導で、木材や竹の切断、骨組み作り、稲わらを使ったシート作りなどを行う。

 完成した龍は11月23日から12月1日まで、JR横浜線から見える区内の水田で、第1弾として制作した馬と亀とともに展示する予定。

 対象は、緑区内に在住・在勤・在学の高校生以上。作業は半日単位とし、各日10人程度を募集(定員を超えた場合は抽選)。複数日の参加も可能。応募締め切りは30日。申し込み方法などの詳細は、区のホームページで確認できる。

 問い合わせは区政推進課電話045(930)2228。


シェアする