1. ホーム
  2. 話題
  3. 【ねこ】余命3年宣告から気づけば10年…スピねこのすごさ

女性自身
【ねこ】余命3年宣告から気づけば10年…スピねこのすごさ

話題 神奈川新聞  2016年09月26日 11:54

【ねこ】余命3年宣告から気づけば10年…スピねこのすごさ(写真:女性自身)
【ねこ】余命3年宣告から気づけば10年…スピねこのすごさ(写真:女性自身)

“ねこ嫌い”だった女性の心身を癒し、メロメロにしてしまった、スピねこを発見!東京・新大久保にある神社で暮らしている、ぎんちゃん(オス・推定14歳)は、地元民や参拝者、みんなに愛されている地域ねこだ。

 その神社の目の前にある九州料理店「かんちゃん」の女将・室園理子さん(75)は、10年前に胃がんの手術をし、「長くても3年」と余命宣告を受けた。

「ぎんの存在は知っていたけど、うちに来ることなんてなかったんですよ。それが、退院してお店に出るようになると、私を見つけて寄ってくるようになったんです」

 もともと大のねこ嫌いで、近づいてくるねこもいなかったという理子さん。なぜぎんちゃんが突然やってきたのか、なぜ自分がねこをかわいがるようになったのか、と、不思議に思ったのだそう。

「霊感のある知人にぎんの写真を見せたら、『悟りをひらいたねこだから、このコの嫌がることは絶対にしないように』と言われました。また、ぎんちゃんのことを知らない別の人からも『いま近くにいるねこを大切にしなさい』と言われたのでびっくりですよ」

 そんな助言もあり、ほぼ毎日ぎんちゃんに会っているうちに、癒されていったのか余命宣告を受けた3年は過ぎ、あっという間に10年たっていたのだそう。さらに−−。

「神社の前の道を、性格のよさそうな人が通ったときに、ぎんが勢いよく逃げて隠れてしまったんですよ。何でだろうな、と思っていたら、あとからあまりよくない噂を聞きました(笑)。何かわかるんでしょうね。そんなぎんのおかげで、長生きできているんでしょうね。足を向けて寝られません」

 理子さんは現在、大学のオープンカレッジに通っているそうで、毎日を楽しんでいるようすだった。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
【ねこ】死亡率60%の主人の命を救った“スピ猫”がすごい
【ねこ】前日まで元気だったのに…急な胃腸炎、どう対応する?
“無重力ねこ”ミルコさんの魅力に世界中が注目している理由
【ねこ】災害に備えてハーネスに慣れておく必要はある?
【ねこ】茶トラはわが道タイプ…性格は色柄で決まる!?


シェアする