1. ホーム
  2. 話題
  3. 活動できる組織風土は 高校内居場所カフェでシンポ

活動できる組織風土は 高校内居場所カフェでシンポ

話題 神奈川新聞  2019年09月16日 13:06

県立田奈高校内の「ぴっかりカフェ」の様子(写真の一部を修整しています)
県立田奈高校内の「ぴっかりカフェ」の様子(写真の一部を修整しています)

 高校と若者支援の専門家が連携し、生徒支援のために開く「高校内居場所カフェ」についてのシンポジウムが29日、県立地球市民かながわプラザ(横浜市栄区)で開かれる。

 高校内居場所カフェは生活や経済面に困難を抱える生徒を支援するため、高校と民間支援団体などが協力して開設。県内では公立高校13校で実施されている。

 シンポでは、2014年に県内で最初に取り組まれた県立田奈高校(同市青葉区)の「ぴっかりカフェ」について、運営するNPO法人パノラマや立ち上げ当時に在職していた教員らが語り、カフェ活動ができる学校の組織風土などを考える。日本大教授の末冨芳さん、元田奈高校長の中野和巳さんも講演する。

 午後5時半~同8時半。参加費500円、定員70人。申し込み・問い合わせは、パノラマのメールnpo.panorama@gmail.com


シェアする