1. ホーム
  2. 社説
  3. 横浜現市庁舎の再開発 地区全体の活性化期待

社説
横浜現市庁舎の再開発 地区全体の活性化期待

社説 神奈川新聞  2019年09月16日 10:00

JR関内駅前に位置する横浜市庁舎街区の再開発事業者が、三井不動産を代表とする企業グループに決まった。グローバル企業のオフィス、大学、ライブ中継施設などが入居する地上30階の高層ビルを新設するほか、長年親しまれた現市庁舎はホテルとして保存活用し、2024年度に開業する予定だ。 市庁舎は来年6月にJ...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 三浦半島で停電相次ぐ

  2. 台風の波が掘り返す? 横浜・山下公園の海底から銃弾 

  3. 「ホームレス襲撃」と命の重さ 横浜で22日上映会

  4. 進む入居者間連携 「湘南アイパーク」開所1年半

  5. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  6. 県立6施設22日に無料公開 即位礼正殿の儀を慶祝

  7. 【台風19号】相模原の住宅被害116棟 夫婦捜索に全力

  8. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  9. ラグビーW杯 「松島、ここからが勝負」恩師のエール

  10. 知的障害の15歳少女を誘拐、藤沢市内で 29歳の男逮捕