1. ホーム
  2. 社説
  3. 横浜現市庁舎の再開発 地区全体の活性化期待

社説
横浜現市庁舎の再開発 地区全体の活性化期待

社説 神奈川新聞  2019年09月16日 10:00

JR関内駅前に位置する横浜市庁舎街区の再開発事業者が、三井不動産を代表とする企業グループに決まった。グローバル企業のオフィス、大学、ライブ中継施設などが入居する地上30階の高層ビルを新設するほか、長年親しまれた現市庁舎はホテルとして保存活用し、2024年度に開業する予定だ。 市庁舎は来年6月にJ...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする