1. ホーム
  2. 時代の正体
  3. 「人間」として直視を 「慰安婦」映画の班忠義監督に聞く

時代の正体 歴史と向き合う
「人間」として直視を 「慰安婦」映画の班忠義監督に聞く

時代の正体 神奈川新聞  2019年09月14日 11:50

アジア太平洋戦争のさなか、中国・山西省の小さな農村で、日本軍駐屯地や民家に拉致、監禁され、日本兵からの性暴力を受け続けた中国人「慰安婦」たちがいた。大半の日本人に知られていない事実を、元慰安婦や元兵士らの証言によって描くドキュメンタリー映画「太陽がほしい 劇場版」が14日から、横浜市中区の横浜シ...

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする