1. ホーム
  2. 社会
  3. 20代男性職員が過労自殺か

労災申請へ、山形県川西町
20代男性職員が過労自殺か

社会 共同通信  2019年09月12日 00:09

 山形県川西町は11日、未来づくり課職員だった安部幸宗さん=当時(25)=が長時間残業の末、2016年6月に自殺していたことを明らかにした。遺族は公務員の労災に当たる公務災害を申請する方針で、第三者委員会によるパワハラや労働環境の調査を町に求める準備を進めている。

 川西町によると、安部さんは亡くなる当日の16年6月26日までの1カ月間に27日間連続勤務していた上、申請分だけで125時間の残業があった。申請なく休日などに出勤していた分も含めると約157時間に上ったという。

 安部さんは決算業務のほか16年から申し込みが急増したふるさと納税の主担当を務めていた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会