1. ホーム
  2. 話題
  3. ナンバープレートで“マリノス”応援 11月横須賀で導入

ナンバープレートで“マリノス”応援 11月横須賀で導入

話題 神奈川新聞  2019年09月12日 05:00

マリノス仕様のナンバープレートを付けたバイクにまたがり、マリノスケと握手する上地克明市長(左)=横須賀市役所
マリノス仕様のナンバープレートを付けたバイクにまたがり、マリノスケと握手する上地克明市長(左)=横須賀市役所

 横須賀市は11月から、ミニバイクやオートバイを対象に、サッカーJ1の横浜F・マリノスのキャラクターなどがデザインされたナンバープレートを導入する。マリノスの練習施設が久里浜に誕生するのに合わせた企画で、チームへの応援ムードを高めるのが狙い。

 プレートは、50cc以下の白色、50cc超90cc以下の黄色、90cc超125cc以下の桃色の3種類。中央にエンブレム、右側にチームキャラクター「マリノス君」が描かれている。

 バイクの新規購入や名義変更で取得する際、通常のプレートか、マリノス仕様かを選べる。マリノス仕様に変更したい場合は初回に限り、無料で交換する。

 交付枚数に制限は設けない。交付標識番号は原則、受け付け順だが、「1」から「100」までは事前申込制にする。9月12日から10月21日までに、市民税課に申込書類を郵送、または持参する。

 市は2005年から、マリノスのホームタウンになっている。22年1月の使用開始を目指し、久里浜地区の公園にグラウンド2面やカフェを併設した管理棟などを備えた練習施設を整備している。プレートに関する問い合わせは、同課電話046(822)9733。


シェアする