1. ホーム
  2. 社会
  3. 【台風15号】漂流ごみ、手作業で清掃

【台風15号】漂流ごみ、手作業で清掃

社会 神奈川新聞  2019年09月11日 11:41

横浜港で漂流していた大型ごみ=本牧ふ頭
横浜港で漂流していた大型ごみ=本牧ふ頭

 横浜市は10日、台風15号の暴風雨で横浜港に流れ込んだ漂流ごみの清掃作業を本格化した。

 大型の清掃船3隻が朝から運航し、回収に着手。大型の漂流ごみを優先し、船の一部とみられる長さ約4メートル、幅約2メートルのプラスチック板や、プラ製ごみ箱、大型の木材、駐車場の看板などを手作業で引き揚げた。

 清掃船「青海丸」船長の高木克之さん(43)は「船舶の航行に支障が出ないように漂流ごみの回収を急ぎ、港の安全を守りたい」と話した。


シェアする