1. ホーム
  2. 社会
  3. 【台風15号】「記録的暴風」各地に爪跡 三浦半島・鎌倉

【台風15号】「記録的暴風」各地に爪跡 三浦半島・鎌倉

社会 神奈川新聞  2019年09月09日 21:27

 「記録的暴風」となった台風15号は、三浦半島の各自治体にも大きな被害をもたらした。観測史上1位となる最大瞬間風速41・7メートルを観測した三浦市ではホテルのレストランの窓がサッシごと倒れ、鎌倉市では商店街の鉄製アーチの支柱が折れて付近のビルに倒れた。

海岸沿いに爪痕


ガラス窓が割れたホテル「マホロバマインズ三浦」のレストラン=9日午前8時40分ごろ、三浦市南下浦町上宮田
ガラス窓が割れたホテル「マホロバマインズ三浦」のレストラン=9日午前8時40分ごろ、三浦市南下浦町上宮田

 三浦海岸(三浦市)では、海の家の屋根が飛ばされるなど強風による被害が相次いだ。

 約600人が宿泊していた大型リゾートホテル「マホロバ・マインズ三浦」(同市南下浦町上宮田)では、本館1階のレストランや客室、宴会場の窓ガラスが割れ、スタッフが一晩中対応に追われた。

 設備責任者の男性(63)によると「台風の目に入る直前、風が急に強くなった」という。レストラン入口から勢いよく風が吹き込んできたため、駆け付けると、サッシが傾き、ガラスが飛び散っていた。担当者は「ここまで被害がひどいのは1992年のオープン以来、初めて」と嘆いた。

 逗子海岸(逗子市新宿)でも、解体中の海の家のトタン屋根とみられる建材(縦約7メートル、横約20メートル)が沿道の黒松をなぎ倒し、近くの駐車場まで吹き飛んだ。近くに住む女性会社員(47)は「こんな大きな物がぶつかったら、ひとたまりもなかった。人的被害がなくて、不幸中の幸いだった」と話した。


三浦海岸の海の家が倒れ、通行止めとなった国道134号=9日午前9時20分ごろ、三浦市南下浦町上宮田
三浦海岸の海の家が倒れ、通行止めとなった国道134号=9日午前9時20分ごろ、三浦市南下浦町上宮田

吹き飛ばされた海の家の屋根とみられる建材=9日午前9時半ごろ、逗子市新宿
吹き飛ばされた海の家の屋根とみられる建材=9日午前9時半ごろ、逗子市新宿

観光地・鎌倉も


御成通り出入り口のアーチが倒壊し、近くのビルの窓ガラスを直撃した=9日午前10時10分ごろ、鎌倉市御成町
御成通り出入り口のアーチが倒壊し、近くのビルの窓ガラスを直撃した=9日午前10時10分ごろ、鎌倉市御成町

 JR鎌倉駅西口そばの御成通りでは、入り口を示す鉄骨製のアーチ(高さ8メートル、幅7メートル)の支柱から折れ、隣接する江ノ電鎌倉ビル2階の窓ガラスを直撃し、窓ガラス2枚を割った。鎌倉御成商店街協同組合によると、アーチは約25年前に完成。小嶋淳志理事長(59)は「シンボルのようなもの。再建には費用もかかる。どうするか、検討したい」と話した。

 また栄光坂(鎌倉市玉縄3丁目)では約30mにわたる土砂崩れが起き、付近が通行止めとなった。


開店時間を約2時間早めたコワーキングスペースで、テレワークをする利用客ら=9日午前9時10分ごろ、鎌倉市大船1丁目
開店時間を約2時間早めたコワーキングスペースで、テレワークをする利用客ら=9日午前9時10分ごろ、鎌倉市大船1丁目

 一方、JR各線の運休で通勤を足止めされた会社員らのために、職場以外の自宅や出先で働く形態「テレワーク」の場を提供する動きも見られた。

 コワーキングスペース「ネクトン大船」(同市大船1丁目)は、開店を午前9時から2時間早め、午前7時から営業。男女10人がパソコンを開くなどして作業した。午前7時半から利用した都内に勤務する女性会社員(34)は「自宅は停電。電車も動かず困っていたので、とても助かった」と喜んだ。

基地近くも倒木

 横須賀市内でも強風の被害が目立った。

 米海軍横須賀基地の「三笠ゲート」前では、車道が複数の倒木でふさがれ、ゲートが一時通行止めになった。基地近くの市役所でも、トイレの窓ガラスが割れた。北下浦の市道交差点では、信号機が曲がり、浦賀署員が交通整理にあたった。

 夏島町の市道では、トラック1台が冠水した道路に進入して走行不能になったが、運転手は自力で脱出したという。

文化財にも被害 鎌倉市

 鎌倉市内の文化財にも被害が出た。

 市文化財課によると、被害が確認されたのは、(1)史跡永福寺跡(同市二階堂)、(2)円覚寺庭園(同市山ノ内)、(3)亀ケ谷坂(同市扇ガ谷)、(4)鶴岡八幡宮(同市雪ノ下)の国指定史跡と、国指定重要文化財の光明寺本殿(同市材木座6丁目)、県指定重要文化財の光明寺山門(同)。

 (1)は指定地内の市道が冠水。(2)は境内の池「白鷺池(びゃくろち)」近くに生えた杉の木1本が倒れ、(3)でも倒木で道路がふさがれた。(4)では、境内の市指定天然記念物の木「しろしだれ」が一部倒れたほか、倒木で民家の屋根瓦を割るなどした。

 光明寺の本殿や山門は屋根銅板や屋根瓦が剥がれたという。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会