1. ホーム
  2. 話題
  3. 主婦のハーモニカグループ 全国1位の音色   

厚木市長を訪問、演奏も披露
主婦のハーモニカグループ 全国1位の音色   

話題 神奈川新聞  2017年09月25日 09:57

代表の高橋さん(左)ら厚木ひまわりのメンバー
代表の高橋さん(左)ら厚木ひまわりのメンバー

 厚木市内を中心に活動するハーモニカの愛好家グループ「厚木ひまわり」が国内大会で1位に輝き、厚木市の小林常良市長に報告するため20日、市役所を訪れた。

 厚木ひまわりは2010年、厚木、平塚、藤沢の県内3市と埼玉県入間市に在住の主婦が結成。「ハーモニカの父」とされる岩崎重昭さんが厚木市内で開催していた教室に通っていた仲間という。

 6月に都内で開かれた「第37回F・I・Hハーモニカコンテスト」のアンサンブル小編成部門で1位に選ばれた。練習は週1回、厚木市内で行い、同大会には11年から出場し上位に入賞してきたが、今回初めて1位になった。

 代表の高橋紀美子さん(67)は「今回演奏したロシア民謡は3年かけて仕上げた。4人の心が一つになれたことが評価されてうれしい」と感想を述べた。

 哀愁漂う演奏も披露され、小林市長は「若い人にも刺激になる。これからも良い演奏を続けてほしい」と祝福した。

 凱旋(がいせん)演奏会が12月12日、秦野市南矢名のタウンニュースホールで開催される。前売り1500円、当日券2千円。


シェアする