1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 復旧作業、夜徹し続く 傾いた車両、柱で支える

動画 京急衝突事故
復旧作業、夜徹し続く 傾いた車両、柱で支える

事件事故 神奈川新聞  2019年09月06日 12:06

 横浜市神奈川区の京急線の踏切で快特電車と大型トラックが衝突、トラックの運転手が死亡、乗客ら33人が負傷した事故で、現場では5日から6日にかけ、復旧作業が夜を徹して続いた。

【写真で見る】京急衝突脱線事故、復旧作業現場


大きく傾いた車両を柱で支えながら大勢の作業員が復旧にあたった=6日午前3時10分ごろ、横浜市神奈川区
大きく傾いた車両を柱で支えながら大勢の作業員が復旧にあたった=6日午前3時10分ごろ、横浜市神奈川区

 線路内には大きく傾いた先頭車両がとどまった状態で、大勢の作業員が復旧現場で作業に当たった。作業は車両底部に複数の柱を差し入れて固定しつつ、トラックのものとみられる破損部品などを慎重に取り除く様子もみられた。

 明け方には、近隣住民も次第に現場周辺の線路沿いに姿を見せ、一夜明けた作業の進み具合を心配そうな様子で見守っていた。


シェアする