1. ホーム
  2. 社会
  3. 家庭ごとに行動計画

猛雨 命守るために(3)
家庭ごとに行動計画

社会 神奈川新聞  2019年09月04日 21:26

 「大雨特別警報や避難指示が出たことを知らず、大丈夫だと思っていた。決壊には気付いたが、濁流が5分で押し寄せ、なすすべはなかった」(60代の男性会社員)、「主人と避難しようとしたが、道路冠水で車を出せず、自宅の2階からヘリコプターで救助してもらった。氾濫は警戒していなかった」(80代の主婦)
 2015年9月、1級河川・鬼怒川の堤防が決壊した関東・東北豪雨。市域の約3分の1が浸水した茨城県常総市では、逃げ遅れた4200人余りがヘリコプターなどで救助された。

 浮き彫りになったのは、避難のタイミングを計ることの難しさだ。80代の男性はかみしめる。「隣の人が一緒に逃げようと誘ってくれなかったら、避難しなかった」

 教訓を生かそうと、新たに掲げられた大規模氾濫対策のキーワードは「逃げ遅れゼロ」。達成の鍵を握る「マイ・タイムライン」に今、注目が集まっている。

 その原型である「タイムライン」(防災行動計画)は、行政機関が台風に備えるため、接近の3日程度前から取るべき行動を時系列で定めておくものだ。その主体を個人に置き換え、各家庭の状況やリスクなどを考慮してルールを決めておき、いざという時の避難に役立てる「予定表」がマイ・タイムラインだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 0歳が頭部骨折 車衝突に巻き込まれ母子が重軽傷 相模原

  2. 動画 【台風19号】川崎の大規模浸水、2つの原因浮上

  3. 高校野球秋季関東大会 東海大相模、来春のセンバツ確実に

  4. 【台風19号】インフラ寸断、温泉打撃… 箱根に災禍再び

  5. 高校野球秋季関東大会 桐光、準決勝進出を逃す

  6. 宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

  7. 高校野球秋季関東大会 県勢2校、21日準々決勝 東海は習志野、桐光は桐生第一

  8. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  9. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、二転三転 下流域は混乱