1. ホーム
  2. 社会
  3. 141点が重文に 中里遺跡出土品 発掘から30年で

141点が重文に 中里遺跡出土品 発掘から30年で

社会 神奈川新聞  2019年09月04日 10:42

40号方形周溝墓から出土したつぼ。高さは70センチ超で中里遺跡で最大(小田原市提供)
40号方形周溝墓から出土したつぼ。高さは70センチ超で中里遺跡で最大(小田原市提供)

 県教育委員会は3日、小田原市中里遺跡から出土した弥生時代の土器など141点を重要文化財に指定した。同市における文化財指定は148件目(国指定8件、県指定25件、市指定115件)。1991年に始まった本格的な発掘調査から約30年たっての県指定に、市の担当者も「発掘当初から注目されてきた遺跡。ようやく評価されてうれしい」と喜んだ。

 今回指定された出土品は弥生時代中期中葉(紀元前3~前2世紀ごろ)のもので、土器66点、石器61点など。

 土器については地元でつくられたもの(中里式土器)のほか、近畿や東海、中部、北陸地方など、複数の遠隔地のものもあることが特徴的で、集落を形成する上で各地域との交流があったことが分かる。

 石器では「大陸系磨製石斧」と呼ばれる伐採、加工用のおのや、石斧の未製品や製作道具(台石、砥石(といし)など)があり、地元での製作工程が段階的に分かる。また近畿地方の良質な石材「サヌカイト」で製作された石器もあり、他地域との密接な関係をうかがわせる。

 県教委は今回、関東地方の本格的な稲作文化の受容がこの時期にあったことや、その背景に近畿、東海地方からの影響を大きく受けていたことなどが分かる良好な資料として評価した。

 中里遺跡は2300~2200年前に足柄平野の南東部にあった集落跡で、120年間ほど使われたとされる。

 1990年代の発掘調査では居住域、墓域、水田とみられる跡などが発見され、同時期の東日本で最大級の規模であることが分かった。


県重要文化財に指定された中里遺跡の出土品(小田原市提供)
県重要文化財に指定された中里遺跡の出土品(小田原市提供)

シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

  2. 複数の女子高生と同時に性行為 男を逮捕

  3. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  4. 東海道線で人身事故、1人死亡 大磯駅

  5. 【台風19号】山北の給水車問題 黒岩知事が陳謝

  6. 【台風19号】日産スタジアムの遊水地 過去3位貯水量に

  7. 「ばれなければ大丈夫…」 男子高校生買春で小学校長逮捕

  8. 性行為を生中継 出演者募った男を逮捕

  9. ベイ、ドラフト1位に桐蔭・森敬斗 2位は立命大・坂本

  10. 【台風19号】箱根の鉄道、道路寸断続く 秋の観光に打撃