1. ホーム
  2. カルチャー
  3. 近未来の綱島が舞台に 港北区民ミュージカル本番へ練習に熱

近未来の綱島が舞台に 港北区民ミュージカル本番へ練習に熱

カルチャー 神奈川新聞  2017年09月23日 02:00

15回目の公演に向け練習に励む出演者ら=横浜市スポーツ医科学センター
15回目の公演に向け練習に励む出演者ら=横浜市スポーツ医科学センター

 横浜市港北区の市民が熱演する「港北区民ミュージカル」の第15回公演が、10月6~8日に上演される。本番まで1カ月を切り、出演者は区内で練習に励んでいる。

 青少年育成と地域文化の活性化を目的として実行委員会が発足し、2003年に第1回公演が行われた。毎年小学生以上の約50人が出演。事務局の岡本直美さんは「子どもたちの成長を見られる喜びがあり、15回目まで続けることができた」と目を細める。

 今回の作品名は「イノベーション」。電車が人工頭脳によって、完全に自動運転で動くようになった近未来の綱島が舞台だ。同地区の再開発もテーマになっている。

 「舞台の上では軽やかに動いて。気持ちも軽やかに」。9月中旬に市スポーツ医科学センター(同区)で行われた練習では、脚本と演出を手掛ける内田潤一郎さんの指導にも熱が入った。「芸術性が高い作品にしなければ、市民ミュージカルは衰退してしまう」と稽古の厳しさと楽しさの両立を心掛けている。「出演者や観客に演劇を好きになってほしい。このミュージカルが市民とプロの劇団をつなげる核になれば」と力強く語った。

 港北公会堂(同区)で5回上演。開演は6日午後6時半、7日午後1時半、同6時半、8日午前11時、午後3時半。4歳以上999円(全席自由)。問い合わせは事務局電話045(433)2517。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. ダム緊急放流、水位調節は実施されず 国交省、対応調査へ

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】記録的豪雨の箱根、被害甚大 芦ノ湖が増水

  4. 【台風19号】のり面崩壊、PAにも被害 西湘バイパス

  5. 電通局長を現行犯逮捕 ラグビー観戦後、警備員殴った容疑

  6. 【台風19号】箱根、深い爪痕 続く運休、芦ノ湖水位上昇

  7. ハマスタで長男投げつけた阪神ファン、書類送検

  8. 【台風19号】川に転落の男性、遺体で発見

  9. 【台風19号】浸水、水没、横転… 相模川沿岸、被害多発

  10. 【台風19号】横浜港でも被害 海づり施設、氷川丸デッキ