1. ホーム
  2. 社会
  3. 保育事業推進に 寄与の5人を表彰 秦野

保育事業推進に 寄与の5人を表彰 秦野

社会 神奈川新聞  2019年08月30日 11:34

高橋市長(中央)から表彰状を受けた(左から)武藤さん、岩井さん、伊東さん、前川さん、伊奈さん=秦野市役所
高橋市長(中央)から表彰状を受けた(左から)武藤さん、岩井さん、伊東さん、前川さん、伊奈さん=秦野市役所

 秦野市内の民間保育所に勤務し、保育事業の推進に寄与した保育士をたたえる市保育賞受賞者が決まり、29日に表彰式が市役所で行われた。表彰制度は、市が保育士の意欲を高めようと2016年度に創設。15年以上勤めていることなどを条件に、各施設の園長から推薦された候補者を市が毎年度審査している。

 19年度は、にこにこ保育園の武藤千春さん(38)、みどり保育園の岩井香織さん(45)、虹と風保育園の伊東久美子さん(64)、若木保育園の前川香さん(46)、山辺保育園の伊奈真奈美さん(49)が選ばれた。

 表彰式で高橋昌和市長は10月に始まる幼児教育・保育の無償化にも触れ「子育てを巡る環境は非常に多様化している。皆さんの優れた技能、経験、知識は貴重な財産で、地域の子育ての礎になる」と激励。代表してあいさつした伊奈さんは「子どもの笑顔と元気に癒やされ、自分を励ましながら働いた。保育士は子どもを見るだけではなく、保護者の方も支えていかなくてはならない。親がこの園で良かった、と思ってもらえる保育園づくりをしたい」と述べた。


シェアする