1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 園児の頭揺さぶり、押さえつける 認可保育所で不適切保育

園児の頭揺さぶり、押さえつける 認可保育所で不適切保育

政治行政 神奈川新聞  2019年08月28日 20:18

 川崎市は28日、幸区の認可保育所の女性保育士が昨年4月から5月にかけて、園児の頭を揺さぶったり押さえつけたりする不適切な保育を行っていたことを明らかにした。職員の減少などで当時の保育所の運営態勢が不安定だったことが背景にあったと説明。是正指導や監査の結果、現在は適切な保育環境が整っているとした。

 同日の市議会文教常任委員会で、市が問題の検証結果を報告した。

 報告などによると、女性保育士は昨年4月から約1カ月半の間、1歳児クラスの園児をあやす際に頭を揺さぶったほか、寝かし付けの際に起き上がろうとする園児の頭を何度も押さえつけるなど4件の不適切な行為を行った。いずれの園児もけがはなかった。

 同5月に児童相談所へ通報があり、保育所内の防犯カメラ映像から女性保育士の関与が確認された。

 市によると、同保育所では同3月の園長交代や多数の職員の異動と退職で人員が減り、指導役も不足気味のまま新年度がスタート。同4月には食物アレルギーのある園児に誤って給食を配膳して救急搬送される事案も発生していた。

 市の是正指導を受け、保育所の運営会社は同7月に新園長らを就任させる措置を取り、臨床心理士による児童の心理的なケアも実施したという。


シェアする