1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 石綿セメント製の水道管見つかる 横浜市

石綿セメント製の水道管見つかる 横浜市

政治行政 神奈川新聞  2019年08月27日 12:13

 横浜市水道局は26日、1961年に使用中止を決めた石綿(アスベスト)セメント製の水道管が中区小港町の地中から見つかった、と発表した。健康被害が懸念されるため、96年までに取り換え作業を終えたとしたが、何らかの理由で撤去できず、残っていたとみられる。

 同局によると、水道管は外径約18・5センチ、長さ約40メートル。下水道工事の業者が今年6月、市道から地下約1メートルで見つけ、同局に連絡。同局が8月1日までに試掘調査をし、石綿セメント製と確認した。

 同局によると、発見された区間は83年に新たな水道管が敷設され、石綿セメント製は使用されていない。同局は9月中旬に撤去する予定。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会