1. ホーム
  2. 話題
  3. レモン栽培拡大へ 県西地域、統一ブランド名募集

レモン栽培拡大へ 県西地域、統一ブランド名募集

話題 神奈川新聞  2019年08月26日 05:00

温暖な気候に恵まれて育つレモン =小田原市(JAかながわ西湘提供)
温暖な気候に恵まれて育つレモン =小田原市(JAかながわ西湘提供)

 JAかながわ西湘(小田原市)は、県西地域産レモンの栽培拡大に力を入れている。苗木の購入者に助成しているほか、8月からは認知度向上を目的に愛称(統一ブランド名)の募集を始めた。

 JA西湘によると、管内の2市8町では小田原市内を中心にレモン栽培が盛んで、2018年度は35トンを販売した。農家を悩ます鳥獣被害に遭いにくく、労働時間もミカンの6割程度といわれる。

 食の安全に対する消費者の意識の高まりから、今後も需要の伸びが期待されている。JA西湘では18年度から苗木購入費の最大で2分の1を助成しており、2年間で約4100本を供給する見込み。栽培指導や共同販売組織の設立にも取り組み、28年度には取扱量を約4・5倍の157トンに増やす計画だ。

 統一ブランド名は「相模湾からの潮風を受けた爽やかな酸味と香り豊かな新鮮レモン」をコンセプトに、一般から広く募集する。9月9日まで募り、選考結果は来年2月に発表する。最優秀賞には1万円相当の農産物が贈られる。

 応募方法は、JA西湘のホームページから。問い合わせは、営農部レモン愛称係電話0465(46)6950。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【台風19号】河川水位が各地で上昇 中小河川も危険

  2. 【写真特集】台風19号 神奈川各地の状況

  3. 【台風19号】「城山ダム放流へ」流域住民、避難所に殺到

  4. 【台風19号】多摩川氾濫の恐れ、川崎市が避難指示

  5. 多摩川・鶴見川、氾濫の恐れ 台風で川崎市が避難勧告

  6. 【台風19号】城山ダム、緊急放流へ 相模川流域で浸水も

  7. 高潮の恐れ、川崎・川崎区の一部に避難勧告

  8. 横浜・瀬谷区の一部に避難勧告

  9. 【台風19号】各地に避難所開設、住民避難が急増

  10. 【台風19号】城山ダム緊急放流、午後5時は見送り