1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 相模湾で海上タクシー 県、9月から実証実験

相模湾で海上タクシー 県、9月から実証実験

政治行政 神奈川新聞  2019年08月25日 12:07

海上タクシーで使用される艇のイメージ(県提供)
海上タクシーで使用される艇のイメージ(県提供)

 県は9月から、相模湾で初めてとなる海上タクシーの一般向け実証実験に乗り出す。海からしか眺められない景観を観光資源として活用し、渋滞を気にせずクルーズ気分を楽しめる海上交通の実現を目指す。

 実証実験は9月15日から11月17日までの11日間。平塚市から三浦市までの計9カ所の港湾施設を拠点に、日程ごとに航路を限定して運行する。乗船料は一艇貸し切り制で、片道3千円から2万5千円。乗船できる人数は6~10人。

 混雑する海水浴シーズンは逗子マリーナから湘南港まで車で片道1時間以上かかることもあるが、海上タクシーを使えば20分程度という。県の担当者は「移動とともに、海の魅力を体感できる。新しい旅の楽しみを提案したい」としている。

 事前予約制で、リゾート施設「リビエラ逗子マリーナ」のホームページから申し込む。問い合わせは、県地域政策課電話045(210)3260。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会