1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 「地域交流核」新設へ 利便性とにぎわい創出 三浦市

「地域交流核」新設へ 利便性とにぎわい創出 三浦市

政治行政 神奈川新聞  2019年08月24日 05:00

新都市計画マスタープラン案


三浦市役所
三浦市役所

 三浦市は、2025年までのまちづくりの指針を示す「都市計画マスタープラン」案を公表した。前回策定した09年に比べ、人口減がさらに進む一方、観光客が増えている現状を踏まえ、京急線三崎口駅周辺など四つの地域を、新たに「地域交流核」に指定。市民の利便性を高めるとともに、にぎわいを創出して観光客も楽しめる地域を目指す。 

 市の人口は4月1日現在、4万2840人で右肩下がりを続ける一方、17年の入り込み観光客は631万1千人で、05年から3割近く増えた。

 10年ぶりに改定するマスタープラン案では、09年に掲げた将来都市像「豊かな自然環境を生かし、共生するまち みうら」を踏襲しつつ、こうした現状を踏まえ、都市づくりの目標を▽自然・産業・暮らしが共生する▽人を引きつける魅力がある▽コンパクト・プラス・ネットワーク▽安心・安全-の四つのテーマに分類した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕