1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 海老名市、返礼品ドラレコに申し込み殺到 あおり自衛策か

海老名市、返礼品ドラレコに申し込み殺到 あおり自衛策か

政治行政 神奈川新聞  2019年08月23日 20:46

 海老名市がふるさと納税の返礼品にしている市内企業製のドライブレコーダーの人気が急上昇している。社会的関心が高まっているあおり運転の自衛策として選ばれているとみられ、8月は22日時点で既に前年同月の6倍の申し込みがあった。市の返礼品事業による実収入も倍増する見通しという。

 返礼品のドラレコは、コンピューター周辺機器を扱うオウルテック(同市中新田)の製品。前年度から5種を採用し、本年度は3種を用意した。申込件数は4月から毎月、前年同月を上回り、8月までの累計で計677件と前年度の年間実績の8割に達している。

 ドラレコによる寄付額は既に3295万円と昨年度1年分に並び、市の寄付総額(1億900万円)の3割を占める。同社の担当者は「自社のブランドや製品を多くの人に知ってもらうよい機会になる」と喜ぶ。

 ドラレコ特需もあり、本年度の返礼品事業による市の実収入は、当初見込みの約5千万円から倍増の1億円程度となる見通しだ。市商工課は「あおり運転が社会的に注目される中、その対策として選ばれている側面があるのでは」と推測。不足が見込まれる返礼品代や送料などの事業費として4500万円を増額する一般会計補正予算案を今月末から始まる市議会定例会に提出する。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会