1. ホーム
  2. 話題
  3. 福島の子どもらと市民が交流 秦野

福島の子どもらと市民が交流 秦野

話題 神奈川新聞  2017年09月18日 11:46

秦野の子どもたちと一緒に遊ぶ福島の小学生ら=秦野市内
秦野の子どもたちと一緒に遊ぶ福島の小学生ら=秦野市内

 東京電力福島第1原発事故の影響が続く福島県南相馬市の小学生や幼稚園児、保護者ら20人が秦野市を保養に訪れ、市民と交流を深めている。

 市内の市民団体「未来キッズプロジェクト」が招いており、3回目の今回は15日から18日まで滞在する。

 16日は伊勢原市立子ども科学館を訪ねたほか、秦野市内でキーホルダー作りを体験。17日は二宮町の海岸で地引き網を行う予定だったが、台風接近のため中止となり、秦野市内の自動車整備工場でバーベキューを楽しんだ。

 これまで3回全てに参加している南相馬市の小学校5年の児童(11)は「毎年、楽しみにしている。秦野の水はおいしかった」。父親(32)は「子どもたちにとって、リフレッシュのよい機会になっている」と感謝していた。


シェアする