1. ホーム
  2. 話題
  3. “花の進路”設置体験 五輪準備、アサガオ植育の児童招待

“花の進路”設置体験 五輪準備、アサガオ植育の児童招待

話題 神奈川新聞  2019年08月23日 12:07

フラワーレーンにメッセージカードを付ける児童たち=藤沢市
フラワーレーンにメッセージカードを付ける児童たち=藤沢市

 東京五輪セーリング競技のテストイベントが行われている江の島ヨットハーバー(藤沢市江の島)で、アサガオの鉢を並べ五輪会場入り口などの間仕切りにする「フラワーレーン」の設置体験が19日、行われた。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の主催。

 テストイベント向けに6月からアサガオを育ててきた同市立村岡小、八松小、高砂小の3校の児童23人らが招待され、開催まで1年を切った本大会に思いを巡らせながら、国内外からの観戦者を迎える“花の進路”づくりに汗を流した。

 東京五輪・パラリンピックでは、金属製フェンスやベルトの代わりに、フラワーレーンを手荷物検査を待つ列の仕切りとして各会場入り口などに設置する計画。子どもたちの参加意識醸成へ、五輪セーリング競技が江の島で行われる同市内の小学校3校でアサガオの植育が行われていた。

 ヨットハーバーには設置体験用の一角が設けられ、児童は自ら育てた色とりどりのアサガオの鉢を手に、組織委職員の手ほどきを受けながら、400鉢を並べレーンを形づくった。それぞれの鉢には「海のきれいな私たちの町へようこそ」などと記された児童たちのメッセージカードも掲げられた。

 フラワーレーンは来年の本大会でも導入される予定。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会