1. ホーム
  2. 事件事故
  3. 「稼げる『援デリ』しないか」 16歳高2に売春あっせん

「稼げる『援デリ』しないか」 16歳高2に売春あっせん

事件事故 神奈川新聞  2019年08月21日 20:23

 少女に売春をあっせんし、みだらな行為をさせたとして、県警少年捜査課と大和署は21日、児童福祉法違反(淫行させる行為)と売春防止法違反(周旋)の疑いで、ともに秦野市渋沢3丁目、無職の女(26)、自称塗装工の男(21)両容疑者を逮捕した。県警は、2人が出会い系サイトで男性客を募り、ホテルで少女に援助交際をさせて代金を吸い上げていたとみて、全容解明を進める。


160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕

2019年03月15日 05:00

「下着見せるバイト」中学生の着替え撮影 児童ポルノ製造

2019年04月08日 22:10

 逮捕容疑は、共謀して昨年12月17日、秦野市の小田急線渋沢駅前で、横浜市緑区に住む高校2年の女子生徒(16)に売春相手として、県内在住のアルバイト男性(29)を引き合わせ、同日深夜から翌18日未明にかけて秦野市内のホテルで、女子生徒にみだらな行為をさせた、としている。調べに対し、両容疑者は「知らない」などと供述、容疑を否認している。

 県警によると、昨夏ごろ女の容疑者が会員制交流サイト(SNS)を通じて女子生徒と知り合い、「稼げる『援デリ』の仕事をしないか」などと誘い、学生証を確認した上で面接。客に年齢を聞かれたら19歳と答えるよう指示していた。男の容疑者も出会い系サイトで男性客を募るなどしていた。両容疑者は交際関係にあったという。

 県警が昨年12月下旬に女子生徒を補導して発覚。女子生徒は家出中で、当時は両容疑者宅で暮らしていた。県警の聴取に、女子生徒は「遊ぶ金が欲しかった。(昨年8~12月に)50人くらいの相手をした」と話した。1回当たり8千円~3万円程度で援助交際し、おおむね代金の6割以上は両容疑者に渡っていたとみられる。


シェアする