1. ホーム
  2. 経済
  3. シューマイも大豆由来で 崎陽軒初、ビーガン対応弁当

シューマイも大豆由来で 崎陽軒初、ビーガン対応弁当

経済 神奈川新聞  2019年08月21日 19:19

崎陽軒「野菜で作ったお弁当」

 崎陽軒(横浜市西区)は23日から、ベジタリアンや、卵や乳製品など動物由来の食品を一切口にしないビーガン向けに、「野菜で作ったお弁当」の受注販売を開始する。増加する訪日外国人客(インバウンド)や食の多様化に対応する。

 ニンニク、ネギなど「五葷(ごくん)」と呼ばれる臭いの強い野菜や動物由来の食材を一切使わず、肉の代わりに大豆由来のソイミートやおからで作ったシューマイや酢豚のような甘酢あえなど、同社の特色を生かしたおかずが入る。1食487キロカロリーとカロリーを抑える一方、大きくカットした野菜などで食べ応えのある商品に仕上げた。

 同社は「横浜を訪れる外国人の方々に駅弁文化を少しでも知ってもらいたい」とし、旅行代理店などへのセールスを強めていくという。

 価格は1200円。受注販売のみで、店頭受け取り・配達ともに3日前まで、3個からの注文より受け付け。問い合わせは、通話無料の同社お客様相談室電話(0120)882380。


シェアする