1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 相模原市に愛着を 「シビックプライド条例」制定へ

相模原市に愛着を 「シビックプライド条例」制定へ

政治行政 神奈川新聞  2019年08月21日 05:00

 相模原市の本村賢太郎市長は20日、市への誇りや愛着の醸成を目的とした「シビックプライド条例」の制定に向けた検討組織を立ち上げることを表明した。早ければ2020年12月の市議会に条例案を提出する意向で、シンポジウム開催などの事業費1114万円を19年度9月補正予算案に盛り込んだ。

 本村市長は同日の会見で「市の良さを多くの人に知ってもらい、市民にも市を好きになってもらいたい。そうした理念を掲げた条例になると思う」と説明。具体的な内容は今後検討するが、誇りや愛着を強制するものではないという。

 今年11月に公募市民や有識者らでつくる検討組織を設置。20年3月にはシンポジウムを開催するほか、市のホームページに相模原のファンサイトを設ける。

 市によると、地域への愛着の醸成を目指す条例は、愛知県豊田市に「WE LOVE とよた条例」があるが、県内自治体では制定されれば初となるという。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕