1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 三好、アントワープ入り正式決定 ベルギー1部の古豪

三好、アントワープ入り正式決定 ベルギー1部の古豪

スポーツ 神奈川新聞  2019年08月20日 20:30

三好康児選手
三好康児選手

 サッカーJ1川崎フロンターレは20日、日本代表MF三好康児(22)=167センチ、64キロ=がベルギー1部リーグのアントワープに期限付き移籍すると発表した。期間は2020年6月30日まで。川崎市出身で東京五輪の主力として期待される左利きの技巧派アタッカーは、これが海外リーグ初挑戦となる。

 三好は川崎の育成組織から15年にトップチーム昇格。今季は横浜F・マリノス(横浜M)に期限付き移籍していたが、15日にはアントワープ移籍を前提に横浜Mとの契約解除を発表していた。U-15(15歳以下)時代から年代別の日本代表にも名を連ねており、ことし6月の南米選手権で念願のフル代表デビュー。強豪ウルグアイ戦で2得点して注目された。

 アントワープは1880年創設でリーグ優勝4度の古豪。

 川崎を通じて発表したコメントは次の通り。


三好康児選手
三好康児選手

「この度、ベルギーリーグ1部のロイヤル・アントワープFCと契約することができました。欧州移籍に挑戦させてもらうにあたり、支えてもらったクラブには本当に感謝しています。ありがとうございました。これからは、RAFCの一員として活躍する事でお世話になったクラブ、皆様へ恩返しができるように頑張りたいと思います。これからも、よろしくお願いします」


シェアする