1. ホーム
  2. 減災
  3. 箱根山・警戒レベル「2」3カ月 経験を生かす  

減災新聞
箱根山・警戒レベル「2」3カ月 経験を生かす  

減災 神奈川新聞  2019年08月20日 20:55

大涌谷付近の噴気地帯で火山ガスを採取する東海大のメンバー(同大理学部大場武研究室提供)
大涌谷付近の噴気地帯で火山ガスを採取する東海大のメンバー。火山活動の盛衰を見極めている(同大理学部大場武研究室提供)

 箱根山(箱根町)の噴火警戒レベルは2009年3月に導入された。レベルは5段階に区分され、現在は2(火口周辺規制)だが、観測史上初の噴火を受けた15年6月~9月の3(入山規制)がこれまでで最も高い。この時の火山活動で得られた知見を踏まえて警戒レベルの判定基準が改定されており、「被害ゼロ」に向けた現在の運用に生かされている。

箱根山、なお「活発」 警戒レベル2から3カ月

 レベル3の段階で警戒されるのは、大涌谷の想定火口域を超えて大きな噴石が飛散するような噴火だ。実際に起きれば、居住地域の近くにまで影響が及ぶ恐れが大きい。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕