1. ホーム
  2. 社会
  3. 「効果試したかった」 横浜駅異臭騒ぎ、男を書類送検

「効果試したかった」 横浜駅異臭騒ぎ、男を書類送検

社会 神奈川新聞  2019年08月16日 05:00

騒然とした横浜駅西口=6月29日午後7時ごろ
騒然とした横浜駅西口=6月29日午後7時ごろ

 横浜駅西口の商業施設で6月、通行人が相次いでせき込むなどした異臭騒ぎで、横浜市中区に住む30代の男性会社員が催涙スプレーを噴射した疑いが強まり、戸部署が16日にも暴行容疑で書類送検することが15日、捜査関係者への取材で分かった。男性会社員は「催涙スプレーの効果を試したかった」と供述し、容疑を認めているという。

横浜駅西口で異臭騒ぎ「せき込んでいる人が」 一時騒然

 書類送検容疑は、6月29日午後5時~同5時20分ごろの間、同市西区南幸1丁目のデパート1階と近くの商業施設の地下1階で、10~50代の男女計24人に複数回にわたって催涙スプレーを吹き掛け、暴行を加えた、としている。

 捜査関係者によると、男性会社員が30日朝、催涙スプレーを持って「インターネットを見て重大なことをしてしまったと思った」と、同駅近くの交番に自首した。調べに対し、「近隣住民とトラブルになったことがあり、自宅が襲われるという不安に駆られ、護身用のために催涙スプレーを購入した」と供述しているという。

 異臭騒ぎを受け、同駅西口には消防車など20台が出動。周辺は規制され、市消防局特殊災害対応隊などが有害物質や不審物の検索を行った。気分の悪くなった40代の女性1人が救急搬送された。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会