1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 俊輔、古巣とのダービーマッチに 「印象深い試合」

横浜ダービー
俊輔、古巣とのダービーマッチに 「印象深い試合」

スポーツ 神奈川新聞  2019年08月15日 05:00

【横浜M-横浜FC】試合終了後、横浜Mの選手と言葉を交わす中村俊輔=ニッパツ
【横浜M-横浜FC】試合終了後、横浜Mの選手と言葉を交わす中村俊輔=ニッパツ

 サッカーJ2横浜FCの元日本代表MF中村俊輔が14日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われた天皇杯全日本選手権3回戦のJ1横浜F・マリノス(横浜M)戦にフル出場した。2016年まで在籍した古巣との「横浜ダービーマッチ」は1-2で惜敗したが、「マリノスと対戦するときはいつもそうですけれど、記憶に残るというか印象深い試合になった」と実感を込めて語った。

 41歳の中村は7月中旬に横浜FC加入後、これが公式戦初先発。得意のプレースキックで相手ゴールを何度か脅かしたが、勝利にはつながらなかった。

 会場には1万2489人の観衆が詰めかけ、最年長52歳のFW三浦知良と同時出場を果たしたことでも注目された。


【横浜M-横浜FC】試合前の練習で水分を補給する三浦知良と中村俊輔=ニッパツ
【横浜M-横浜FC】試合前の練習で水分を補給する三浦知良と中村俊輔=ニッパツ

 「カズさんのすごさは他の若い選手よりも自分の方が分かっているつもり。下手なプレーはできないので緊張しますね」と話し、「僕自身は相手ボールを追い掛ける時間が長くて、カズさんにいいボールを出せなかったのが残念」とも振り返った。

 チームはJ2リーグ戦で5位につけており、「目標はJ1自動昇格(の2位以内)。チームの意識を高く持たせるのも自分の役目だと思っている」と百戦錬磨のベテランらしく締めくくった。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会