1. ホーム
  2. 社会
  3. いじめや虐待解決策探る 「子どもみらいセミナー」 横浜

いじめや虐待解決策探る 「子どもみらいセミナー」 横浜

社会 神奈川新聞  2019年08月14日 12:05

 いじめや虐待、貧困といった子どもを取り巻く問題に向き合い、解決策を探る講習会「子どもみらいセミナー」が、横浜市内で開かれる。子どもたちのSOSを受け止めるために何をすべきか-をテーマに、18日から計3回にわたり専門家がアドバイスする。主催団体が参加者を募っている。

 全国の小中高生が受けたいじめの認知件数は約41万件(2017年度)、児童相談所に寄せられた児童虐待相談件数は約16万件(18年度)で、それぞれ過去最多を更新。現状に歯止めを掛けようと、子育て支援に取り組むNPO法人「神奈川子ども未来ファンド」が主催した。今年で4回目。

 初回の18日は「いじめストップ!」と題し、横浜中央YMCA(横浜市中区常盤町)で開催。いじめ問題に取り組むNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」の小森美登里理事と、いじめ防止サービスを手掛ける「マモル」の斉藤有子社長が講師を務める。

 9月29日は「虐待の連鎖を止めよう」、11月17日は「子どもの貧困」をテーマに話し合う。受講料は1講座2千円、3講座通しで5千円。問い合わせは、同ファンド事務局電話045(212)5825。


シェアする