1. ホーム
  2. 話題
  3. 原爆投下3年後が舞台「父と暮せば」上映会 川崎

原爆投下3年後が舞台「父と暮せば」上映会 川崎

話題 神奈川新聞  2019年08月14日 11:15

 広島の原爆被害を題材とした映画「父と暮せば」の上映会が16日、川崎市高津区の高津市民館で開かれる。「川崎市民平和のつどい」の一環として、実行委員会が企画した。

 2004年公開の同作品は、原爆投下から3年後の広島が舞台。生き残ったことへの負い目に苦しみながら生きる娘と、その前に幽霊となって現れた父との心の交流を描いている。

 作家の井上ひさしさんの同名戯曲を基に製作され、娘役を宮沢りえさんが、父親役を原田芳雄さんがそれぞれ演じている。

 上映会は16日午後1時から。入場無料(定員600人)。問い合わせは、川崎教職員会館電話044(433)9100。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 【写真特集】台風15号の被害状況

  2. 【台風15号】護岸崩壊、工場に海水 数百社被災か、横浜

  3. 【台風15号】停電続いた鎌倉で支援広がる 銭湯、無料も

  4. 【台風15号】浸水の工業団地、被災750棟か 横浜

  5. JR東海道線大磯駅で男性はねられ重体 1500人に影響

  6. 動画 【台風15号】陸上自衛隊が倒木撤去、鎌倉

  7. 【台風15号】県内の建物被害、15市町村に

  8. 今季初、インフルエンザで学級閉鎖 川崎の市立小学校

  9. 【台風15号】横浜港にも爪痕 浮きドックやシーバス漂流

  10. 160人のわいせつ画像撮影、提供か 動画販売業の男逮捕