1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 渇水時の手引整備へ 神奈川県企業庁

今夏の記録的少雨 教訓に
渇水時の手引整備へ 神奈川県企業庁

政治行政 神奈川新聞  2017年09月14日 02:00

 水道水の安定供給に向け、県企業庁は13日、渇水時に備えた対策マニュアルを新たに整備する方針を明らかにした。20年ぶりの給水制限を覚悟した今夏の少雨を教訓に、県内の4水道事業者と連携して迅速対応できる環境を構築する。

 企業庁によると、今夏は梅雨が記録的少雨になった影響で、宮ケ瀬ダムの貯水率が完成以来最低の56%に低下。相模、城山ダムを含む相模川水系3ダムも水位が下がり、渇水対策の基本方針に基づいて東京都に分水削減を予告するなど対応に追われた。

 基本方針は、3ダムの貯水率が70%を下回った段階で相模川の取水を抑制して酒匂川への振り替えを開始、40%を下回る場合は東京分水削減や県民の給水制限、節水要請を講じるとしている。ただ相模川水系に限った対策で、酒匂川水系の三保ダムも56%に落ちた今夏のような「異例の事態」は想定外という。

 企業庁は浮かび上がった課題を踏まえ、相模・酒匂両水系の貯水状況や実施時期に応じて迅速な対策を講じる実践マニュアルの整備を決定。横浜、川崎、横須賀市、県内広域水道企業団の各水道事業者と協議し、本年度中の策定を目指す。

 同日の県議会本会議で、亀井貴嗣氏(公明党)の代表質問に、二見研一企業庁長が答えた。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会