1. ホーム
  2. 話題
  3. 標語選びに投票を 伊勢原市制50周年記念

標語選びに投票を 伊勢原市制50周年記念

話題 神奈川新聞  2019年08月11日 14:46

 2021年の市制施行50周年に向けて、伊勢原市は記念のキャッチフレーズを投票で選ぶ。市ホームページ(HP)で受け付けるほか、市役所1階ロビーや各公民館に投票箱を設置している。投票は今月20日まで。

 候補は、市が6月に学生や市民ら25人と市の魅力について話し合うワークショップを開催し考えた(1)つながる つなげる 伊勢原のひとコマ(2)市制50年 いせはらが奏でる 自然 歴史 人の優しさ(3)ありがとう いせはら 活かそう! 愛そう! 美しき宝(4)雲より高く 大山より大きく 5050(ゴーゴー) いせはら-の4案。最も多くの票を集めたものを採用する。決定したキャッチフレーズはデザイン化し、市のHPで発表するとともに、旗などの物品や各種グッズで活用する。市経営企画課の担当者は「キャッチフレーズに込められた思いも考えていただき、投票を通じて伊勢原のいいところや、市外にアピールしたいことを考えるきっかけになってほしい」と参加を呼び掛けている。誰でも投票でき、結果は来年1月までに発表予定。問い合わせは、同課電話0463(94)4845。


シェアする