1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 三浦市、民間2者と災害協定 老人ホーム、大型スーパー

三浦市、民間2者と災害協定 老人ホーム、大型スーパー

政治行政 神奈川新聞  2019年08月11日 15:50

 三浦市は今月、民間事業者2者と、福祉避難所の開設や生活物資の供給など災害時での協定を結んだ。

 2者は、有料老人ホーム「油壺エデンの園」(同市三崎町諸磯)と、市の“へそ”に位置する引橋地区に市内最大規模のスーパーを開店した「ベイシア」(前橋市)。

 協定により、同ホームは災害発生時、付近住民がすぐに逃げ込める一時避難所として利用できるほか、避難生活で特に配慮が必要なお年寄りを受け入れる福祉避難所を開設、運営する。

 諸磯地区は、一部が最大10メートルの津波浸水想定区域に指定されており、市は標高16メートルの場所にある同ホームと協力する。

 一方、ベイシアは食料品や飲料水、日用品などを供給。これでスーパーとの協定は6件目になった。

 市防災課は「避難所も物資も『これで十分』というものはない。できるだけ多く確保し、災害時に備えたい」としている。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会