1. ホーム
  2. 話題
  3. 阿夫利神社でスイングを 千人がジャズコンサート満喫

阿夫利神社でスイングを 千人がジャズコンサート満喫

話題 神奈川新聞  2019年08月11日 05:00

能楽殿でジャズの音色を響かせる生徒たち=伊勢原市大山の大山阿夫利神社社務局
能楽殿でジャズの音色を響かせる生徒たち=伊勢原市大山の大山阿夫利神社社務局

 毎年恒例の「大山サマージャズ&ラテンフレンドシップコンサート」(同実行委員会主催)が10日、伊勢原市大山の大山阿夫利神社で開かれた。17回目の今年は、能楽殿のステージで市内外のバンド7組が約40曲を披露。約千人の観客が、夏空に響くメロディーを満喫した。

 オープニングを飾ったのは、開成町を中心に活動する開成ジュニアアンサンブル・スーパーブルーバーズ。「Sister Sadie」「上を向いて歩こう」など6曲を披露し、会場を盛り上げた。バンドリーダーを務める県立弥栄高校3年の播馬琴羽さん(17)は「雄大な自然の中で演奏できることがうれしい」と笑顔を見せた。

 地元、伊勢原市のビッグバンドを代表する「ジャズアンサンブル阿夫利」も「Boogie Stop Shuffle」など5曲を披露した。ミュージカルディレクターいばひでのぶさんを指揮者に迎え、各バンドのメンバーが参加する「スペシャルビッグバンド BIG BAND BOX」も夕闇迫る境内にリズミカルなメロディーを響かせた。


シェアする