1. ホーム
  2. 政治行政
  3. 認知症、小学生も理解を 子供向け養成講座を初開催 大和

認知症、小学生も理解を 子供向け養成講座を初開催 大和

政治行政 神奈川新聞  2019年08月08日 12:07

小学生向けの認知症サポーター養成講座で学ぶ児童ら(大和市提供)
小学生向けの認知症サポーター養成講座で学ぶ児童ら(大和市提供)

 大和市は6日、小学生を対象にした「認知症キッズサポーター養成講座」を、市文化複合施設「シリウス」(同市大和南)で初めて開催した。1~6年生の男女9人が参加した。

 高齢者認知症対策の一環として市は、地域で見守る「認知症サポーター」の養成に力を入れており、今年6月までに1万4842人が受講している。2019年度からは、さらに小学生向けの養成講座をスタートさせた。

 講師を務めた市職員は「認知症はいろいろな原因で脳の細胞が死んだり、働きが悪くなる病気。例えば、お昼に何を食べたのかを忘れるのはその一部を忘れたことだが、認知症が進むと、お昼ご飯を食べたことを全て忘れる」と物忘れとの違いを説明した。

 認知症の人への接し方を題材にした紙芝居も披露され、ゆっくりと話し掛けたり、大人の人を呼んだりすることの大切さを学んだ。参加者は約1時間半の講座を終え、認知症サポーターの目印である「オレンジリング」を受け取った。


シェアする

編集部のおすすめ

アクセスランキング

  1. 40代男性がはしかに感染 横浜

  2. 伊勢丹相模原店跡、複合ビル建設を検討 野村不と売買交渉

  3. ロマンスカー車内でわいせつな行為・小田急車掌を逮捕/神奈川

  4. 横須賀市内で5900軒停電

  5. 横浜高島屋が開店60周年 鳩サブレー缶など限定販売

  6. 動画 はっけよい…ぎゃー! 比々多神社で泣き相撲

  7. 稲村ケ崎海岸の沖合に女性遺体 鎌倉署が身元など捜査

  8. 閉店セール、開店前に行列も 伊勢丹相模原店

  9. 【写真特集】台風15号の被害状況

  10. 保育園埋設の放射性汚染土問題 横浜市が保護者に相談会