1. ホーム
  2. 社会
  3. 妻殺害などの罪で男を起訴 平塚市海岸で遺体発見

「妻の目耐えきれなかった」
妻殺害などの罪で男を起訴 平塚市海岸で遺体発見

社会 神奈川新聞  2019年08月07日 20:47

容疑者の自宅から押収品を運び出す捜査員=6月28日午後3時25分ごろ、川崎市宮前区
容疑者の自宅から押収品を運び出す捜査員=6月28日午後3時25分ごろ、川崎市宮前区

 平塚市の海岸で6月、両脚を切断された女性の遺体が見つかった事件で、横浜地検は7日、殺人と死体損壊、死体遺棄の罪で、女性の夫で、川崎市宮前区、会社員の男(26)を起訴した。認否は明らかにしていない。

 起訴状などによると、被告は6月25日、自宅寝室で、妻(26)の首をビニールひもで締めて殺害。同26日から27日にかけて、遺体を包丁やのこぎりで切断し、火で焼くなどした上で、一部をスーツケースに入れて平塚市付近の海に遺棄した、とされる。

 県警によると、被告には数百万円の借金があり、返済のため妻のキャッシュカードを無断で使用してキャッシングしたほか、結婚式などの費用を使い込んでいたという。これまでの調べに「妻の他人を見るような目に耐えられなかった」と供述していた。

 遺体は同27日早朝、同市高浜台の海岸で発見された。被告は切断した遺体をスーツケースに入れ、タクシーを乗り継いで運んだとみられる。


シェアする