1. ホーム
  2. 話題
  3. ミャンマーから視察団 JAの運営や農業技術学ぶ

ミャンマーから視察団 JAの運営や農業技術学ぶ

話題 神奈川新聞  2017年09月12日 02:00

ミャンマーから視察団 JAの運営や農業技術学ぶ
ミャンマーから視察団 JAの運営や農業技術学ぶ

 ミャンマーの農業者9人が来日し、9日までの県内滞在中に各地のJAで運営の仕方や農業技術などを学んだ。ミャンマーでは昨年から農民組織づくりが始まっており、一行は日本の事例を学習する目的で来日した。

 期間中、県内のJAや直売所などを視察。8日にはJA県中央会元会長の志村善一さん(77)宅=横浜市青葉区=を訪ね、農協活動にかけた体験談を聞いた。志村さんは「農協の原点は1人の10歩よりも10人の1歩。皆が幸せになれる社会を目指そう」とし、組織内での役割などを説明した。

 参加したトンニュウさん(39)は「ミャンマーでは2村に農民組織ができたが、今後はさらに拡大し、組合を中心に皆が幸せになれる社会にしたい」と話した。


シェアする